7月23日は夏野菜たっぷりカレー

7月9日のせいなんは、JAいわて中央青年部様より当日の朝届いたたっくさんの産直野菜とくだもの、お米をふんだんに使っての夏野菜カレーでした。
JAいわて中央青年部様は「こども食堂」についての勉強会を開き理解を深め、こうして地域の子どもたちに美味しい農産物による食事ができるよう、心を込めてご提供くださいました。

ダンボールいーーーっぱいの産直農産物は、お米、メロン、ブルーベリー、ナス、ピーマン、玉ねぎ、じゃがいも、きゅうり、大根、トマト、ズッキーニ、ロマネスク!
親しみのある野菜から珍しいものまでどっさりをふんだんに使って子どもたちが好きなメニューと言えば、夏野菜カレーでしょ。笑
玉ねぎ、じゃがいもは人参も加えてコトコト煮て、なかなか料理方法がわからないズッキーニや、食べたことがない方も多いロマネスクをどうやったら子どもたちが食べられるだろうか。。。。考え考え考えました。^^
そこで、黄色いズッキーニはフードプロセッサーでマッシュして、カレーと煮込んでしまいました。だーれも気づかなかったくらい!その他のズッキーニとナスとピーマンはさっと油で炒め揚げしてカレーのトッピングししました。大人の方でも「こんなにおいしいズッキーニは食べたことがない」と、絶賛されてました。
子ども時代はなかなか食べられないピーマンも、子どもたちから「おいしい!もっと食べたい!」との声があり、慌てて残りのピーマンを切って炒め加えたくらい!
ブロッコリーのようなカリフラワーのような、とんがったロマネスクはしっかり茹でてカレーに添えました。食べてみるとブロッコリーと同じ感じ!小さな3歳の女の子はもっと食べたいとおかわりしていました。

大根ときゅうりはハムとカニかまと混ぜてサラダに。少し辛かった大根をボランティアの婦人方が工夫して、マヨネーズにはちみつ入れたりレモン汁入れたりしながら子どもが食べられるサラダに変身。すごい!
トマトはサラダに入れようかな〜と思いましたが、ちょっと大人向けにモッツアレラチーズをはさんでバジルを添えたカプレーゼにしました。

くだものとしてメロンとブルーベリーもたくさんいただいたので、鈴カステラとみかんを加えて生クリームをかけた素敵なデザートが仕上がりました。

こどもたちは、幼稚園生の子から6年生、中学生と異年齢、異なった学校なのに、すぐにうちとけて外の公園や室内で遊びを見つけて楽しんでいました。食後も汗びっしょりかきながらおにごっこなどして遊んでいる様子を、月に2回の心安まる居場所になるといいなと思いながら見つめていました。

夕食タイムにはJAいわて中央青年部の代表の方々もいらして参加されている皆さんの中に入って一緒に召し上がってくださいました。また、JAの広報誌にも載せてくださるため、取材もしてくださいました。

調理するボランティアにも初めて一戸から関心をもって来てくださった方や、高校生もいてたくさんの手伝いが必要だったのでとっても助かりました!

今日は、新鮮な産直の野菜やくだもの、お米を調理する側も絶対に美味しいに違いないと、テンションが上がりましたし、野菜の甘みがすごくある美味しいカレーと夏野菜のトッピング、そしてぜいたくなデザートをいただくことができ、嬉しい限りでした。

JAいわて中央青年部の皆様によって豊かな食卓になって感謝感謝!
ボランティアとして手伝ってくださった皆様に感謝。
参加されたこどもたち、ご家族の皆様、一緒に食べてくださった皆様ありがとうございました!

8月は20日1回のみの開催となります。
すぐに定員50名がいっぱいになりますので、お早めにお申し込みください。