2020年1月 せいなんの幕開け

2020年もこども食堂「せいなん」をお互いの安心な居場所として一緒に盛り上げて参りましょう。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

1月14日は2020年最初の食堂日でした。
すでに12月の時点であっという間にお申し込みが定員いっぱいになり、満席状態で賑わうせいなんでした。

午前は食器や調理器具の煮沸(熱湯消毒)をスタッフがします(ボランティアも大歓迎!)。

メニューは、麻婆豆腐とサラダ、ナタデココフルーツ(デザート)。

今年も盛岡中央卸市場の「ベジフル姫神様」「仲卸組合様」「岩手中央青果様」よりお野菜や果物をいただきました。
本当に助かります。ありがとうございます。

楽しくゆとりをもって準備できる献立を考えながら、ボランティアに新しい方や高校生も加わって調理やこどもケアにご協力いただきました。時折り、ボランティアのためのおやつ差し入れがあり、休憩タイムにいただきます。
ボランティアは1回きりでなく、継続して来てくださるのがとても助かります。

子どもたちにも新しいお友だちが加わり、小さいこの面倒を見たり、異年齢でどんどん遊びを工夫しながら楽しむ様子は、いつ見てもすごいなと感心します。忙しいパパさんやママさんが、お子様と向き合って遊ぶ素敵な時間もあり、こどもたちの心は豊かに育まれますね。パパさんが学校の先生などの方もあり、安心して子どもたちをお任せすることができました。
1月も子どもたちの外遊びは怠りません。笑 食前も食後の暗い公園でも鬼ごっこなど、異年齢でいろいろな関わり合いを学びながら遊んでいます。

夕食の配膳は、配膳テーブルへ各自が取りに来るようになっています。
50人以上が並ぶので、ひとりひとりの要望を聞いての配膳は時間がかかるのですが、なるべくご飯の量や野菜の量など希望に沿うようにと願い、大人もこどももご飯の量は一緒にして、おかわりができるシステムにしました。また、サラダは多めと少なめを作り、選んで取るようにしてみました。体が小さくてもたくさん食べる子もいれば、たくさん食べそうで少食な子もいるので、負担にならないよう、おかわり制度にしてみます。

今回は、盛岡第一高等学校より2人の生徒さんが、「おしごと紹介、夢の大切さ」のプレゼンをしに来てくださいました。
高校生のお姉さんたちが、実際小さい時に抱いた将来の夢が変化し、高校生になっても夢はいろいろなことを目指す力になることを教えてもらいました。
ご飯を食べながらの視聴でしたが、一生懸命聴く小学生の姿もあり、自分が将来目指す夢の大切さを高校生のお姉さんからわかりやすく聴くことができた貴重な時間でした。高校生のお二人もありがとうございました。

次回は1月28日(火)です。お餅つきの予定です。すでに申し込みは締め切っていますが、お餅つきは5時過ぎごろから始めます。お楽しみに!

#こども食堂 #子ども食堂 #せいなん #盛南 #盛岡南 #kidscafeteria #居場所 #貧困家庭 #片親家庭 #盛岡市 #盛岡市長 #盛岡市議会議員 #教育 #学童 #託児 #小学生 #中学生 #高校生 #大学生 #大学院生 #高齢者 #ひとり暮らし #ボランティア #食事 #安心 #盛岡みなみ教会 #教会 #キリスト教会 #プロテスタント #地域貢献 #盛岡市本宮 #本宮地区 #飯岡 #向中野 #矢巾 #JAいわて #盛岡中央卸市場 #子ども未来基金 #青少年 #ベジフル姫神 #仲卸組合 #岩手中央 #こども #子ども #遊び #放課後 #留守番 #健全な育児 #育児