【日記】2月11日のせいなん 祝日でした

こんにちは。
2月11日ははじめて祝日の開催でした。
おでかけの方も多いかと思いましたが、50名のお申し込みがすぐにいっぱいになり、幼稚園や学校がお休みのお子さんたちやご家族がぞろぞろとおいでいになりました。

盛岡中央卸市場は祝日がお休みなので、今回は前日に取りに行き、たくさんのお野菜とりっぱないちごや洋梨やみかんをどっさりいただきました。ありがとうございます。

夕食メニューは「ビビンバご飯」と「さつまいものレモン煮」そして、デザートが豪華で、バレンタインにちなんだチョコレートケーキ (全粒粉をいただきました)、苺、りんご、洋梨、みかんでした。

柚子の刻みと蜂蜜の寄付があったので、さつまいもをレモン煮と柚子煮の2種類作ってみました。

今回はこどもケアのボランティアさんがいらっしゃらなくて、牧師ひとりが担当だったのですが、お仕事がお休みのパパさん方がいらして、室内はいつもの倍以上賑やかに楽しそうに遊んでくださいました!笑

祝日だったからか、パパさんもママさんもお休みの方が多かったようで、皆さん少しゆとりのある感じがしました。
いつもよりたくさん遊ぶ時間があったようで、お子様方とゆっくり向き合って遊んだり、こども同士でどんどん考えて楽しんで、素敵な光景が多かったように思いました。

今回は、盛岡市の子ども未来青少年課の方が見学に来てくださいました(「せいなん」は盛岡市の助成金により盛岡市推薦事業として運営しております)。
すぐに子どもたちの輪に溶け込んで、食後の外遊びまで子どもケアをしてくださり、とっても助かりました。
「せいなん」がとても良い雰囲気であたたかいご飯が食べられること、こどもたちと大人が会話していること、スタッフ以外の皆さんでどんどん手伝っているのが素敵だったことなど、好評いただきました。
  
次回は2月25日です。
子どもたちと遊んでくださる方を募集しています。どうか助けてください。
お待ちしています!