【お知らせ】長い春休みを愛情タイムに塗り替えて

3月も中旬を過ぎましたが、未だ雪がちらつく肌寒い盛岡です。
小学生中学生は3月初旬から一斉休校となり、そのような中、卒園式卒業式が今週をピークに春休み突入となるでしょうか。
家でずっと過ごす子どもたちは、もてあましたり、体力がありあまったりしてか、公園で遊ぶ姿をあちらこちらで見ます。
親子で遊ぶ姿もあり、テレビやゲームでしか遊べない現代の子どもたちの本来の姿を取り戻したかのようにも思えます。
お父さんやお母さんが公園に子どもを連れて行っても、ベンチに座ってスマホをいじり遠くから子どもを見ているだけの光景から、一緒に走っておにごっこしたりボールで遊んだりする光景へと移りつつあるようにも思えました。
こどもがずっと家の中にいるのは、食事の支度など大変な面もありますが、ネガティブな部分だけを見つめないで、
普段忙しくてできなかった分、親子が向き合って目を見て会話をしたり、テーブルゲームしたり、公園で遊んだり、一緒におやつを作ってみたり、工作をしてみたり、一緒にDVD観たりして、ガミガミ注意していたことばをたくさんほめることばに変えてみたりするなどなど、愛情をたっぷり注ぐ貴重な時間に塗り替えていきたいですね。

長い休校長い春休みで、家族の愛の絆が今まで以上に縮まれば、子どもたちが安定した新学期を迎えることに繋がりますね。

こども食堂「せいなん」は3月の開催をお休みし、さびしい限りです。
4月の開催は、新型コロナウィルスの拡大状況を見つつ検討判断していきたいと思っています。
3月末ごろに4月の予定をお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。