9月の持ち帰り弁当は中華でした!

9月中旬になり、ようやく夏の暑さが抜けてきた盛岡。
9月15日はテイクアウトお弁当提供の日でした。
今回も9月1日に申し込み受付けを開始し、1日で限定50食がいっぱいになってしまいました。
それでも新規でお申し込みの方がいらして、嬉しい出会いもありました。

今回もたくさんの提供品をいただきました。
◆盛岡中央卸売市場より野菜や梨を。
◆ポッカサッポロフード&ビバレッジ様よりカップスープを。
◆飛騨高山の匿名様よりソーダキャンディを。
◆埼玉の若林様よりハラダのラスクを。
◆岩手日報様より「ジュニアウィークリー新聞」を。
心より感謝申し上げます。

今回もボランティアさんがたくさん集まってくださいました。
初めて高校生が参加希望でボランティアをしてくださいました。将来を見据え、こども食堂の働きにも関心を向け、ひとりで参加チャレンジ。しっかりしていて感動しました。
9月は食中毒がいちばん出やすい季節だそうで、調理前にスタッフ&ボランティアの皆さんと消毒の徹底、手袋着用の徹底を細かく確認しました。守られるように祈りつつ。

今回は前回書いていただいたアンケートでリクエストの多かった中華!
「えび入り麻婆豆腐とチンジャオロースのハーフ丼、手作りごまドーナツ」
ごまドーナツはたこ焼き機を使って大量に作りました。簡単そうだったのに思ったより時間がかかりました。^^;
お味はいかがだったでしょうか。

今回は簡単そうなメニューだったのに、結構裏方はバタバタ忙しかったですが、ボランティアのおひとりが手作りのアイスクリームとゼリーを持ってきてくださったので、癒される休憩タイムを持つことができ、ほっとひと息つくことができました。これもボランティアならではの楽しみの特権ですね。

丼弁当に併せ、提供品をどっさりついて、利用者の皆様はとても感激されていました。
皆様それぞれのエコバッグに入れて持ち帰ります。
初めて参加の方も、ぜひまた利用したいと言って帰られました。

お弁当の感想を何人かにお聞きしたら、
「薄くて美味しかった」「しっかり染み込んで美味しかった」「こどもはピーマンが得意ではないのにペロリと全部食べました」「ハーフ丼の組み合わせがよかった」などさまざまいただきました。
 

次回は10月20日です。
申込み受付けは10月1日より開始いたします。
フリーマーケットも同時開催しておりますので、楽しみにお待ちしております♪♪

#盛岡市 #子ども食堂 #こども食堂 #子ども #子ども未来 #子ども青少年 #高齢者 #ひとり暮らし #弁当 #テイクアウト #ひとり親 #シングル #居場所 #ボランティア #子育て #親子 #岩手日報 #盛岡中央卸売市場 #ポッカサッポロフード #寄付 #賛助金