食品衛生責任養成講習会に出席してきました

今日は、岩手県の食品衛生責任養成講習会に、大塚代表とスタッフが出席してきました。

◆「食品衛生責任」って何?
食品衛生法によって、食品営業者や食品・添加物の製造又は加工を行う施設には食品衛生管理者食品衛生責任者を配置する必要があります。
食品衛生管理者は、食品衛生法によって定められた特定の食品加工や添加物製造を行う事業所において施設ごとに配置しなければいけない有資格者で、この資格は、厚生労働省が管轄する国家資格です。

食品衛生責任者は、食品販売や製造を行う全ての事業所において配置しなければいけない有資格者です。この資格は、自治体が管轄する公的資格です。営業許可の更新時に、実務講習の受講が必須となります。


現在こども食堂の経営に食品衛生責任の資格が要求されているわけではありませんが、行政が規定を設けて必要になった場合のために、そして何より現在開催しているこども食堂の衛生のために受けました。

50名限定で朝9時〜夕方5時までのみっちり講習会でした。

初めは問いに答えられずわからなかったことも、講習会で学ぶことで答えられるようになり、有意義な講習会でした。
食品衛生責任者として認めてられる修了証書もいただきました。

学んだことを生かして、更なる衛生面での改善を可能な限り行っていき、主催者も利用される皆様も安心な「せいなんプラス」でありたいです。

暑い中講習くださった岩手県食品衛生協会の皆様に感謝します。