大切なお知らせ

今年はたくさんの方々と出会い、語らいや交わりを持つことができ、私たちスタッフこそ励まされた年でした。
2021年お世話になりました。ありがとうございました。

さて、大切なお知らせがございます。

こども食堂「せいなんプラス」は2022年1月いっぱいをもって活動を終了いたします
理由は大塚牧師夫妻(スタッフ)の異動(転勤)のためです。
複合的な事情から終了1ヶ月前のお知らせとなってしまい、大変申し訳ありません。お詫び申し上げます。

当食堂は「せいなん」と称し2018年より月1回の開催で活動を開始しました。
その後月に2回の開催にし、午後3時からの学童ケアと午後6時からテーブルを囲んで夕食をしました。対象枠を設けず、限定50名で地域の皆様とともに過ごしてまいりました。
コロナが発生し、一時休止した時期もありましたが、徐々にひとり親家庭や生活お困り家庭の方々の利用が増え、より定期的、周期的なサポートの必要を覚え、利用対象枠を限定し、昨年6月より「せいなんプラス」と改名して、お弁当の手渡し&配達というかたちで毎週2回の開催をスタートさせました。

6月のスタート時は30食前後の利用数でしたが、この半年で新規の方々が次々と申し込まれ、今では毎回50食を超える規模となりました。
皆様とは週1回お会いしてお弁当をお渡しする短い交流タイムではありましたが、中身の濃い、本当に素敵なパパさんママさん方、また、お子様方との貴重な時間を過ごすことができました。

地域からは調理ボランティア、野菜や果実やお米等をご支援くださる多くの方々に恵まれ、また、全国各地から多大なサポートをいただき、あらゆるトラブルからも守られ、ここまで続けることができました。
盛岡市をはじめ、全国各地の数えきれないほどの団体様や企業様、個人の方々からもご支援ご協力を賜りました。
皆様の無償の愛のご支援を心より感謝申し上げます。

せいなんプラスとしてスタートし、わずか半年で終えなければならないことへの寂しさはありますが、出会うことができましたお一人おひとりのことを覚え、これからもエールを送り続けます。
そして、こども食堂は閉じますが、母体である盛岡みなみ教会はなくなりません。
4月からはバトンタッチする新しい牧師が、皆様をお迎えいたします。
ぜひ、日曜日の礼拝に訪れてみてください。教会員一同、歓迎いたします。

なお、盛岡市にはこども食堂がどんどん増えていますので、ぜひ複数箇所の併用をされることをおすすめします。
また、岩手県子どもの居場所ネットワーク形成支援事業 認定 特定非営利活動法人インクルいわて様へ問い合わせると、フードバンクや市内のこども食堂についても案内いただけます。
利用者同士の情報交換や交流はさらに力を与えてくれるものとなります。
SOSを出すことに躊躇せず、利用や交流へ一歩踏み出してみてください。

このようなかたちで急なお知らせをしなければならないことをお詫びするとともに、
これまでの皆様との宝の時間を心より感謝申し上げます。
なお、1月いっぱいは通常通り「せいなんプラス」を行います。よろしくお願い申し上げます。


こども食堂「せいなんプラス」
代表 大塚史明、朗美